• image15
  • VOLVO240_02

当店のオリジナルカスタムのボルボ240は1970年代の北米仕様をモチーフに丸型4灯のヘッドライトに製作させて頂ております(ノーマルも可能です)。勿論、見た目をいじくるだけではなく機関もきっちりリフレッシュ。「その気になれば50万キロの耐久性も十分」と言われている往年のスウェーデンの名車を日常使用して頂けるように入念整備でお渡しさせて頂きます。
エアコン、パワステも付いてオートマチックですのでその見た目とは裏腹に現代の車と比べてもさほど不便なく使って頂けるのもこのクルマの良いところです。
仕事に遊びに旅行に、こんなクルマを日常使用出来るのって素敵ではありませんか?

また、ノーマルをご希望の場合はノーマル車両のご用意もさせていただきますのでご相談くださいませ。

  • IMG_7551
  • 15740763_1200925946660076_4755877040440738350_n
  • 14729082_1125209220898416_5364709566538963151_n
  • 18671178_1345765325509470_1171291966196155297_n
  • 17458385_1281893548563315_1160440651729342746_n
  • 17861515_1305036402915696_5907483989228045788_n
  • image16
  • image17
  • image3
  • image1

スウェーデンが生んだ名車、ボルボ240

スウェーデンで生まれたボルボはその極寒の厳しい環境を耐え抜くために非常に高い耐久性を持ち合わせ、そしていち早く自動車の安全に対する取り組みを行ったメーカーとしても知られています。
この240シリーズに搭載されて1998年まで長きにわたって現役を務めたこのエンジンは馬力こそ控え目ながら50万キロ以上持つトラック並みの耐久性を持つことでも知られています。
またシンプルな構造ゆえに整備性も良く、最悪タイミングベルトが切れてもエンジンが壊れないようになっている親切な設計のエンジンでもあります。
また、エンジン以外でも欧州車の鬼門になりがちなミッションはトヨタのアイシン製を採用したりクルマの根幹たる部分は信頼性を重視して耐久性の高い部品が選ばれています。
そして、ボディーの耐久性は流石に昔から安全を唄うボルボだけあってかなり頑丈にできていて10万キロ程度では全然ヤレを感じさせませんしモデル末期だった1993年ですらボルボがよく売れていたアメリカで「最も安全なクルマ」と評されたほどで堅牢なボディーは生産終了から20年ほどが経った今でも十分通用するものです。
それと、ちょっとした良い話なんですけれど現在はどの自動車メーカーも当たり前に3点式シートベルトを採用していますけれど実はそれを発明したのはボルボなんです。
それまで、1950年代は腰だけを抑える2点式のシートベルトしかなかったのですけれどボルボが初めて現在主流の3点式を発明し、特許を取得しました。
しかし彼らは他のメーカーがこの機構を採用するにあたって特許権は取らなかったのです。その理由というのが「我々がこの3点式シートベルトを開発したのはお金の為じゃない、目的は一人でも多くの命を交通事故から守ることだから他のメーカーにもどんどん採用してほしい」と。
・・・良い話ですね。

240の弱点とその対策

そんな240も生産終了から23年がたち、多くの240は人間でいえばいい大人になっちゃったくらいの時間が新車から経過しています。なのでいくら頑丈なボルボとは言えども電気系統や足回りなどそろそろ交換した方が良い箇所が出てきているのも事実です。
なので、244,245風のへのカスタムは勿論ながら240の弱点を対策してからのお渡しとさせていただきます。
そしてその箇所ですけれど以下の項目になります。

1.タイミングベルト&テンショナー交換
2.ウォーターポンプ交換
3.シフトリンゲージブッシュ交換
4.シフトリンゲージ調整
5.オーバードライブリレー交換
6.フューエルポンプリレー交換
7.デスビローター&キャップ交換
8.イグニッションコイル交換
9.スタビリンク&ブッシュ交換
10.バッテリー交換
11.エンジンオイル&エレメント交換
12.パワステオイル交換
13.デフオイル交換
14.ブレーキフルード交換
15.クーラント交換
16.ラジエーターを真鍮製の3層式に交換
18.サーモスタット交換
19.プラグ交換
20.エアクリーナー交換
21.ボディーガラスコーティング
22.エアコンガス補充、点検
23.クランク角センサー交換
24.ヒューズ入れ替え(接触不良の防止)
25.パワステギアボックス点検(冷間時の重さなど)
26.ブレーキブースター点検
27.キックダウンケーブル調整
28.ホース類点検、交換
29.その他ケースバイケースで消耗品交換などなど

ディーラーでこれだけの作業を行えば工賃込みで40~50万円程度は掛るかと思います。
今回は最初にこれだけ分の整備をしてからのお渡しとなりますので安心度はかなり高くなります。
また、カスタム箇所は以下の項目となります。

1.ヘッドライト4灯化
2.フロント、リア、ボディーサイドストーンガード撤去
3.ドアサッシのメッキ化
4.マッドフラップを前後ともにビンテージタイプのゴム製へ交換
5.グリルバッジ装着(1個)
6.ビンテージタイプ国識ステッカー貼り付け
7.前後バンパーメッキモール貼り付け

また、オプションメニューとして以下のオプションも用意しております。

1.ホワイトリボンタイヤ 40,000円
2.オールペン 400,000円
3.グリルバッジ追加 4,800円(1個につき)
4.フォグランプの追加 10,000円
5.その他応談

ベース車両について

10~15万キロ程度(セダンならもう少し少なくなります)のものでなるべく程度の良いものを吟味したうえで仕上げさせて頂きます。

ベース車両はセダン、ワゴンどちらでも可能ですがセダンの方が同じ予算で程度のいいものにありつけるので個人的にはそちらをオススメしたくなります。

この手の車は距離に固執すると失敗しますのでとにかく程度やコンディションで選ぶことが大原則となります。
勿論事前にベース車両についてはお客様に確認を取らせて頂いた上で手配させて頂きます。
そしてその車両をベースにし上記のメンテナンス、及びカスタムを施しますので納期は2ヵ月程度見ておいてくださいませ。そういった点も踏まえまして、お気軽にお電話もしくはメールにてお問合せ頂ければと思います。

ボルボ240、ただでさえ個性的なクルマですけれどもうここまできたら誰とも一緒にならないあなただけのクルマ。そんなクルマになってくれるでしょう。
しかもこんなにクラシックな見た目にも関わらず日常使用に差し支えの無いだけの装備や信頼性を備えているところも素晴らしいです。

こういうクルマを毎日さらっと乗っているととてもおしゃれでセンスが良いと個人的には思います。遊びに、仕事に、旅行に、キャンプに、サーフィンにたくさん活用して最高の相棒にしてあげてください。価値のわかる方に大切にして頂ければ嬉しく思います。

まずはお好みやご要望をお伝え頂きお問合せの上、ご相談くださいませ。

[お問い合わせ] 電話 06-6533-5045 またはお問い合わせメールフォームをご利用ください。

[車両本体価格] 120万円

ガレージ

スウェーデンが生んだ名車、ボルボ240